写真の趣味

軽食

私は写真を趣味で撮っているのですが、もうかなりの年月で20年は撮り続けています。いくらお金を使ったかを考えると恐ろしくなるほどの感じですが、趣味とはそんなものだと思うので考えない事にしています。 その被写体ですが色々とあり、雲をのんびりと撮るのも面白いですし、鳥の動きを撮るのも面白いです。草木を取るのも楽しくて、色々な楽しさがあり、写真を撮るのは本当に面白いと思います。写真によって趣が変わるのですから。 最初は写真をとるだけでうれしくなっていると思いますが、そのうち綺麗に撮りたい、美しく見せたいと思うのは当然のことです。 そこで簡単に美しく写真をみせるコツがあるのですが、それを書いていきたいと思います。

そのコツというのは意外ですが、写真パネルを写真ごとに変えるということです。写真パネルというのは私達が思っている以上に写真の印象をかえてくれます。たとえばフチが太いものであれば落ち着いた雰囲気になりますし。フチが細ければシャープな感じになります。更に色ですが、赤であれば動きがありますし青であれば静のような印象になります。 自然を撮るときには木製のフレームがおすすめです。温かい印象が出てきて、写真に温もりがでてきます。逆に建物などの人工物を撮る時には、金属のフレームがいいです。シャープな印象が強くなり、人工物のよさをひきたててくれます。 写真パネルというのは盲点かもしれませんが、かなりの印象がかわるので、ぜひ写真パネルに凝るといいとおもいます。